HomeProfileNewsScheduleDiaryつるとかめ海外ツアーLessonLinksE-mail

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-| -

木津茂理 Profile

木津茂理 きつしげり (民謡歌手・太鼓奏者) 

尺八奏者の木津竹嶺を父に持ち、唄を木津竹嶺、三味線を本條秀太郎師、鳴り物を山田鶴喜美師に師事。3歳で初舞台を迎え、幼少の頃より民謡番組のテレビ、ラジオ、ステージにて活動する。

・1997年、ウズベキスタンの古都サマルカンドで行われた50ヶ国以上もの国が参加する国際音楽祭「第一回 シャロク・タロナラル(東洋のメロディ−)」にて太鼓を担ぎ、たった一人で日本代表として参加。審査員特別賞を受賞する。
これをきっかけに「太鼓を打ちながらうたう」というスタイルを確立し、独自の民謡感を広げて行く。

・2002年、ビクター伝統文化振興財団より、津軽三味線の重鎮、澤田勝秋師とのデュオアルバム「つるとかめ」をリリース。
民謡の世界のみならず、各界から注目を浴びる。同時にユニット名も「つるとかめ」と命名。
以後「あいのかぜ」「しゃっきとせ」(ゲスト:細野晴臣、浜口茂外也)の2枚のアルバムをリリース。
つるとかめ「しゃっきとせ」発売ライブ 日本伝統文化振興財団サイト
・2004年、アテネオリンピック、シンクロナイズドスイミングの音楽「阿波おどり」をつるとかめで演奏する。
・2005年「愛・地球博」〜バイオラングシンフォニー〜のテーマソングを唄う。
・2009年11月、teoremaレーベルより、ソロミニアルバム「JAPANSE VOICE」をリリース。http://www.superboy.co.jp/teorema/ddcz1650.html


・海外公演も数十ヶ国に及ぶ。
2003年、インドネシア・シンガポール公演 <つるとかめ>
2003年、ロスアンゼルス、日米劇場 <つるとかめ>
2009年、中央アジア(キルギス・タジキスタン・カザフスタン)公演 <つるとかめ> http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/0905/05-01.html
2009年、イタリア・ローマ・ドイツ公演 <坂田明・つるとかめ>
2010年、上海万博公演 <日本の音> 
2011年、極東ロシア(ユジノサハリンスク・ハバロフスク・ウラジオストク)公演<つるとかめ>http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1103/03-01.html
2011年、マレーシア(クアラルンプール、サバ州クチン)公演 <木津茂理ソロ>  http://news.nna.jp.edgesuite.net/free/news/20110713myr015A_lead.html
2011年、中央アジア(ウズベキスタン・トルクメニスタン)公演 <眠った竜 >  http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1108/08-01.html
2011年、南米(チリ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル)公演 <つるとかめ>  http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1109/09-02.html
2012年、メキシコ公演 <EL GRUPO KIZUNA>
2013年、マレーシア・ボルネオタワウ公演 <木津茂理ソロ>  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asean/j_asean/ja40/event_calendar_jp.html
2013年、タイ(バンコク・ピッサヌローク)公演 <RYUZ リュズ>  http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1308/08-03.html

・自身の活動の他にも細野晴臣氏アルバム参加や、ジャズやポップスアーティストのアルバムやCM音楽参加。劇団新感線「朧の森に棲む鬼」=市川染五郎主演=主題歌を担当、映画「のぼうの城」和太鼓・ボイス担当など、様々な場面で活動している。
「にほんのうた4」村の鍛冶屋 細野晴臣+木津茂理+青柳拓次

・民謡普及・指導・育成にも力を注いでおり、宝塚歌劇団での太鼓指導や、大学での講演やワークショップ等、積極的に活動している。

“ 太鼓を打ちながら民謡をうたう ”という唯一のスタイルを確立し、日本のみならず、世界に向けて日本の民謡の魅力を伝え、発信し続けている。

2014年10月 アルバム「SHIGERI BUSHI」をリリース。


インタビュー記事
国際交流基金 Performing Arts Japan サイトインタビュー

富士フィルム「PHOTO IS POWER」一枚の写真の力

CDジャーナル「ー特集ー新しい民謡の夜明け」




Profile| -